「ほっ」と。キャンペーン

自分に気合い!!

2007年 09月 13日 ( 1 )

猪突猛進 No1

   随分長く更新出来ずに申し訳ございませんでした。

 沢山の方達から 暖かいお言葉を頂き 本当に励みになりました。
 皆様から頂く言葉は 「声」 で聞こえるように 私の心の奥底に染み渡りました。
 
    このような事を  心の声  というのでしょう

        この場をお借りして お礼申し上げます。

    有り難い励まし 有り難い活動募金のご協力 心から 感謝致します!

    これからも微力ではありますが、一日も早く 日本にアニマルポリス
    設立される日を目標に! 頑張らせて頂きます!!!

 前回ブログを付けさせて頂いた日から 約2ヶ月近く…
 沢山の出来事がございました。 また皆様からの有り難い活動募金のお陰で
 充実したレスキュー活動が出来ました事、これからご報告させて頂きたいと思います。
 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  7月12日 実はこの日、熊本県西原村にある「山西小学校」というところで
  授業に参加させて頂きました。
 
b0072501_13413587.jpg

  山々に囲まれた 自然豊かな素晴らしい小学校です。
 
b0072501_1341736.jpg

 
b0072501_13421718.jpg

  山西小学校6年2組のクラス担任でおられる土肥先生との出会いは 熊本市動物
  愛護センターでの休日譲渡会でした。
  偶然センター近くを通りかかった土肥先生は、以前より新聞記事など読み気になって
  おられたらしく軽い気持ちで講習会を受講されたのです。

  熊本市動物愛護センターでは、新しい飼主様になって頂く前に 必ず
  講習会を受講して頂きます。

  それは、頭に叩き込むような講習ではなく  心に響く そして頭で冷静に
  考えさせられる講習会です。

  講習会を受講された土肥先生は、激しいショック状態にあった…そう言われて
  おられました。

        どうしたらよいのか…  なにをしたらよいのか…

  土肥先生は、ご自分が学校教師である事を奥深く考えられたそうです。

        伝えなくてはいけない! 生徒達に!

          全ては 土肥先生のこの思い1つが始まりでした。

  暫くして 電話を土肥先生から頂き、「命の授業」をクラスでやりたい!
  とのことでした。
  その後、先生とお会いした時に 細かいタイムスケジュールを作成しておられ
  土肥先生の思いが強く伝わり、それと同時に全く同じ心の温度を感じました。
  授業内容は素晴らしいスケジュールが立てられており、土肥先生のクラス一人一人
  の事を、とても理解されてるような内容のものでした。

   7月12日  山西小学校 6年2組 
   
b0072501_13432098.jpg

   生徒達は 元気いっぱいの子供達ばかりです。
   
b0072501_13405287.jpg

   「命の授業」は2時間授業として 行われました。
   
b0072501_1343366.jpg

   土肥先生は、6年生の子達にも分かるように 丁寧に細かく万全な準備の中で
   進められていきました。
   
b0072501_13452877.jpg

   今の日本の状況・行政の体制・違い など細かく…丁寧に…
   
b0072501_13463937.jpg

      子供達の心の中へ ゆっくり ゆっくり 入っていきました。

      この授業には 山西小学校6年2組以外の授業は
      全クラス自習にされ校長先生をはじめ全ての先生と事務員の方達
      が授業に参加されました。
   
b0072501_13512114.jpg


 土肥先生は、先日受講された熊本市動物愛護センターでの講習会と同じような内容の
 ものを子供達に見せ、感じ取って考えて欲しい! この考えの下 授業をされました。

     熊本市動物愛護センターの講習会で 1つのDVD が流れます。

           私は もう2度と見たくないDVDです。

   
              殺処分風景が 全て流れます。

    土肥先生は、この授業をされるにあたり愛護センターの愛護係長である
    O獣医さんにお話しをされてました。
    O獣医さんより「購入できますよ」という言葉を聞かれ、
    土肥先生は そのDVDを購入されてました。


          そして  その DVDを 生徒達に 見せました…

    
b0072501_1359858.jpg


      DVDが終わると 泣いてる子もいます。
      何が起こったのか 動揺してる子も沢山います。
      
        ただ  子供達の頭の中で理解出来たこと


           映画でもドラマでもなく   現実に毎日行われてる事実


     土肥先生は、その後 生徒達一人一人に声をかけ 気持ちを尋ねて
     おられました。

     子供達の 言葉    私達大人と何にも変わらない気持ちを口に…

          
        その後。 土肥先生が ある詩を ゆっくり朗読されました。
  O獣医さんが、英語の文面をご自分で訳され譲渡会の最後に渡される ある詩…

  今 あの時の状況を思い出しても涙が出てきます。
  子供達が 悔しくて辛くてたまらない気持ちで 今迄我慢してた涙が
  あふれ出した瞬間でした…

  ある男の子は Tシャツの襟元を必死に目の所まで持っていき泣いてることが
  分からないよう…
  ある子は ただ黙って 何も言葉が出ず 目を覆い 泣き出す子…
  後ろにいた私は、必死で堪えてる子供達の後姿を見て
  嗚咽しながら揺れる小さい肩を見て 溢れる涙を抑える事が出来ませんでした。

     命 という大きくて そして とても身近な 尊いもの

  土肥先生が伝えたかった事… 子供達の心の中にしっかり響き 根付いた瞬間


    それから夏休みも後半に差し掛かった時…分厚い封筒が届きました。
   
b0072501_14411858.jpg
 
    その封筒の中には あの授業での感想文…
    そして土肥先生の思いと、土肥先生のお人柄が伺える学級通信…

       一枚 一枚 ゆっくり目を通させていただきました。

   純粋な子供達の思いや考えが 真っ直ぐ文面に表してあり
   涙が止まらない状態で 読ませて頂きました。

    沢山の小さな命が 知った 現実。 土肥先生が企画され授業された
    この2時間は この子達にとって生涯忘れる事が出来ない
    そして、犬や猫だけでなく 全てにおいて「命」があるという事。
    生きてるのはなく 生かされてる事を忘れてはいけないという事。

      なによりも   感謝の気持ち を常に…

   土肥先生から授業が終わり その後 このような事を言われていました。

  「今回の事は 全てがスタートだと思います。
         これから どうしていくのか… どう動くのか…
             子供達と向き合い 動きたいと思っております。」

    この方こそ! 聖職という名に相応しい教師だ! そう思いました。

      土肥先生!この場を借りて 私のようなものを授業に呼んで
      下さり本当に有り難うございました!!!



 実は… この授業の中で ある一匹のワンちゃんが紹介されていたのです。
 ビーグルちゃん…
 数日前から山西小学校に迷い込んでしまい、何日か学校で保護したのだけど
 今は役場にいる。  との事…!!

 授業が終わり、そのままM役場へ。
   
b0072501_14515415.jpg

            ゴミ置き場ではありません。
     高さ1m弱の2つ扉付き犬舎。 ここに1週間ほど保護され保健所に
     連れて行かれます。
     健康な犬でも病気にかかってしまうような不衛生な場所…
     屋根を見ると、穴が開いてます。
     雨も普通に入り込む状態。

     扉を開けてもらい 中から 元気なビーグルちゃんが
   
b0072501_152865.jpg
 
     水も入っていませんでした…気温は35度超えてる猛暑日。
   
    「水!入ってないですよ!?」の言葉に 「あぁ~」の返答。

    「え~っと水入れ水入れ…」立ったままの状態で探す気があるのかないのか…

    「すいません。これ借ります。」 蛇口の傍にあった洗面器を急いで洗ってる
    その傍から、ビーグルちゃんは気が狂ったように水を飲みました。

              ”これが…現実…”

   M役場の方とお話しをし、迎えに来るようにするので保健所には
   やらない欲しいと交渉をし、私はそのまま愛護センターへ行かなくては
   いけなかったので、移動中に戻り田尻さんに連絡。
   田尻さんは、すぐに一時預りでお世話になっている古庄様宅へ連絡をし
   ビーグルちゃんを迎えに行ってくださいました!
   先日、一時預りした子達を巣立たせたばかりの状態だったのですが
   快く引き受けてくださいました古庄様、そして いつも敏速に動いてくれる
   田尻さん! 本当に頭が下がる思いです。

           助かった…

   それにしても…まぁ~本当に元気な子で
   
b0072501_159121.jpg

   一時もジッとする事なく 写真も取れない状態が続きました。
   
b0072501_15111680.jpg

   それからタウンパケット新聞掲載をさせて頂き、新しい飼主様を募集しました!
   
b0072501_15183736.jpg

   新聞受付を田尻さんがして下さり、皆様の募金のお陰で 新しい飼主様ご希望の
   方よりご連絡頂けました!!!

                 が…

   実は、このビーグルちゃんレスキューし病院へ連れて行ったのですが
   耳ダニがビッシリで…血液検査も少し貧血気味ではあるような感じの数値が
   出たので耳ダニのせいだろう…という診断も頂いていたのです。
   ですが…
   それから数日して、嘔吐が始まり…血便…    
   パルボになってしまいました。

   一時預り様である古庄様宅のワンちゃん達の様子も同様の症状が出てしまい
   当然ワクチン接種しているのすが、ワクチンを接種しているから100%大丈夫な
   わけではない。
   でも幸いにして、古庄様宅のワンちゃん達は発症せずに大丈夫でした。

   ですが…ビーグルちゃんは…以前最悪な状態で
   通院・入院不可能…

   ビーグルちゃんを なんとかして助けたい!!!

   田尻さんからも電話がきて、新しい飼主様へ譲渡を明日に控えてたパルボ。

   田尻さんが、この状況を新しい飼主様へ伝えました。
   ”断られるかもしれない…  いいや、でも嘘ついて譲渡するなんてあり得ない!”
   田尻さんの胸の思いは、ビーグルちゃんの無邪気な可愛さを見てきただけに
   藁をも掴む思いで新しい飼主希望様へ連絡を入れてくれました。

   「もう うちの家族になってます。病気が落ち着いたら迎えに行きます。
    本当はうちが面倒見なくてはいけない事なのに…すいません!」

   パルボにかかっていても回復した時点でビーグルちゃんを
   家族に迎えて下さるとのお返事を頂けたと、田尻さんから連絡が入りました!

   よし!ビーグルちゃんを絶対に回復させよう!!!

    こう踏み切れたのも、皆様からの活動募金があったからこそ踏み切れた事です!
    それからT動物病院のT先生は大津まで毎日往診してくださり
    ビーグルちゃんは 元気になる事が出来ました!!!
  
b0072501_15333186.jpg

    莫大な治療費が掛かりましたが、皆様のご協力のお陰で
    1つの尊い命が助かりました!!!

         本当に  有り難うございました!!!

    それからビーグルちゃんは古庄さんや田尻さんの看病もあり
       元気に回復し、無事…譲渡の段階まで来ました。

  譲渡に立ち会ってくださった田尻さんからのコメント

    【新しい飼主さんは、内牧にお住まいのFさんです。
    奥さんと小学生の男の子一人の三人家族!
    大変な病気になったのに、それでも待っててくれたことが嬉かったです・・ホント・・・
    治療中も何度か古庄さん宅にこられて、
    「この仔が疲れるといかんけん、そろそろ帰ろうか」って言ってくれたり・・・
    本当にこの仔は、いい方たちにめぐり会えたと思ってます。】

  もし…あの時、山西小学校の授業がなかったら… 
  もし…この子の事を、土肥先生や子供達が素通りしてたら…
  田尻さんや古庄さんがいなかったら…
  そして、皆様のご協力がなかったら…

       沢山の偶然と 沢山の思いと 沢山の協力の中で
         そんないっぱいの愛情に支えられて…
     新しい家族にしてくれたF様の腕の中でビーグルちゃんは
   
b0072501_15445153.jpg

             ”幸せ”いっぱいの顔になれたね。

           嬉しいね、ビーグルちゃん      幸せに…
 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【タウンパケット】 
  
b0072501_1611729.jpg

  皆様の活動募金ご協力のお陰で「一時預り様」を募る掲載も出来ました!!

  残念な事に、「一時預り」という意味が良く分からない方が多く 中々すぐに
  一時預り様が増えることはありません…
  ですが、大きな啓発文面でもあります!沢山の問い合わせは頂き
  一本一本の電話でお話しさせていただいております。
  気の遠くなるような事ですが、確実に!一対一で啓発が出来る事が
  周りに繋がる大きな啓発の架け橋になると確信しております!

  私の考えは、今の日本の愛護状況の中で「シェルター」というものは
  大変危険なものだと思っております。
  啓発が行き届かない状況でシェルターを作ってしまうと、瞬く間にシェルターは
  いっぱいになり、世話だけに追われ 増えるだけで減る事のない現状が
  目に見えるようであります。

  今日本は、とても動物先進国といえるような状況ではありませんが
  この「一時預り様」というシステムは素晴らしいものだと思います。

  一般家庭で細かい状況確認が出来る事に加え、なんといっても犬や猫の
  心のケアも密に取ってあげることが出来ます。
  私は、これからも啓発も兼ねて「一時預り様」を増やしていくよう努力したいと
  思っております。

  
b0072501_16105759.jpg

  このパケット掲載の時、今もそうですが愛護センターはパンク状態にありました。
  
  みんなイイ仔ばかりです! 首輪してる仔が殆どです!

  ただ怖いのが、犬舎が一杯になるという事は 犬達にもストレスがもの凄くかかって
  しまい病気を発症してしまいます。
  その 恐れていた事が起きてしまいました…

  次の譲渡日まで待てない! もう処分しなくてはいけない仔が出てる!

  焦りました…

  大型犬舎から出てしまった病気を、なんとか止めないといけない!!!

  その時、前回マロンの一時預りでお世話になった北里さんから電話が入り
  「危ない仔がいたら連れてきて!一時預りしますから!」との有り難い電話!!
  私は主治医であるS獣医さんのところへ行き、愛護センターの状況を伝えると
  お薬を出して下さいました。
  「コレをセンターに持っていってあげて下さい」

              せんせぇぇぇぇx~~~~~~(涙々)

  皆様から頂いた活動募金の中から、愛護センターへお薬を持っていく事も
  出来ました!!! ご協力!有り難うございます!!!
  
b0072501_1623176.jpg


  それから、金曜日の午前8時半前にセンターへ行き大型犬舎の中にいた
  ポインターちゃんと、長い期間愛護センターにいる身体の不自由なチワワちゃんを
  レスキューしました。

 病気が問題ないと判断出来る3~4日入院させ、その後一時預り様の北里さん宅へ
 連れて行く事になりました。
 北里さん宅にはチワワちゃんも受け入れよいとのことで…(TT)
 本当に有り難い大事な一時預かりさまです!

  ポインターちゃんは、自宅へ連れてかえるわけにも行かず、病気の心配もあり
  S獣医さんのところへお世話になる事になりました。
  本当に!S獣医さんがいなかったらレスキュー出来ていない程お世話になってます。
  S獣医さんのお陰で、ポインターちゃんは問題なく元気いっぱいになりました!
  
b0072501_16243985.jpg

  
 チワワちゃんは、午前中ポインターちゃんをレスキューし午後迎えに…
 病院へ連れていき、病気問題なしであれば次の日北里さん宅へ連れて行く前の
 一晩は、私の家で保護することになりました。
  
b0072501_1631355.jpg

 とにもかくにも病院へ…!ポインターちゃんをお願いしてるS獣医さんのところは
 申し訳ないと思い、T獣医様のところへチワワちゃん連れて行きました。
  
b0072501_16301319.jpg

 実は、このチワワちゃん後ろ足を引きずるような歩き方しか出来ません…
      診断結果「先天性膝蓋骨脱臼(偏位)症候群」
 無理な繁殖などで出てしまう典型的な例である事も分かりました。
 素晴らしい繁殖家の方もおられますが、本当に嫌気がさします…
 繁殖を手伝っている人も同類だと思っています。
 チワワちゃんが愛護センターにいた時の様子です。
 
 自宅へ戻り、暫く大暴れでした。娘の部屋はいまや日頃いないことを
 いい事に先住犬のシィ~ちゃんとテリGの部屋になっております。
 まだテリGが来る前だったので驚いてるシィちゃんとチワワちゃんの映像です*

    その後。。。うとうと…
  
b0072501_17275440.jpg

     そして…ぐっすり寝入ったチワワちゃん…
     愛護センターで長い期間よく頑張ったね…   
  
b0072501_16382890.jpg

    翌日、北里さんのところへ2匹連れて行きました。
    その夜、電話がかかってきてポインターちゃんからの大好き攻撃を
    嬉しそうにお話して下さる北里さん。
    そしてチワワちゃんは、このまま引き取ると言って下さいました!
 
  しぃちゃんの登場があったので、ご紹介を… 愛護センターにいた白柴の
  我が家の新しい家族である 工藤シィちゃんといいます。
 
b0072501_17283621.jpg

  愛護センターにいる時のシィちゃん。      
 今、私の家に来て3ヶ月近くになりました。
 シィちゃんは愛護センターの門に段ボールに入れられて捨てられてました。

 シィちゃんは飛び切り可愛いです。シィちゃんは最高にCuteです。
 シィちゃんは、ご飯が大好きでご飯の時に歌を歌いながら2階へ上がると
 シィちゃんは飛び跳ねて喜んでくれます。シィちゃんは最高に可愛いです。  
  もう1つ…シィちゃんは愛猫ラブちゃんと一緒でも平気です*
  というか…ラブちゃんがシィちゃん好きです(笑
  シィちゃんは 猫ちゃんからも好かれる人気者です。
  この画像は、我が家に来て1が月半くらいの時です。
  シィちゃん脱毛の時期でありました。   
 今ではシィちゃん、ブラシを見せないでおけばブラッシィングも出来るように
 なりました!威嚇の凄かったシィちゃん!大進歩です(^^)
 新しい家族になったテリGの事は又後日…でもお気に入りの写真だけちょっとご紹介♪
 
b0072501_17344197.jpg

   テリG… 推定年齢14~5歳  工藤家に来て2ヶ月。
   シィちゃんはテリGが来て、少し人間に対して心許してくれるようになった。
   テリGを撫でてる姿を見てて、撫でられても大丈夫な事をシィちゃんは
   理解してくれた。嬉しすぎる…!
   

   
b0072501_17203493.jpg

  前回のパケット掲載で新しい飼主様が見つからなかったA保健所からレスキューした
  仔犬2匹ちゃん!
  この掲載で やっと!1匹黒ちゃんの方が見つかりました!!!!
 
b0072501_1723328.jpg
 
  譲渡に至るまで、一時預りして下さいました まみさん!!
  本当に!本当に…!!!有り難うございました!!!!
  一時預り様の辛いところは、当然皆さん犬好き猫好きな方ばかりなわけですから
  過ごした時間関係なく、情も出てしまい別れは辛くなるわけですよね。
  まみさんさん。そしてまみさんのご家族の皆さん、本当に有り難うございました!



            どうしましょう…

    ブログの枠がいっぱいになってしまいました…
    まだ ぜんぜん!!!
    全然も全然!!!
    10分の1程度しかご紹介出来ていないというのに…
    しかも まだ7月分も全部紹介させて頂けていないというのに…

            No2 へ続きます!!!

   
[PR]
by hubble_bubble | 2007-09-13 17:53 | 期限付きの【命】



■十方衆生■命の平等
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Viagra on li..
from Buy viagra onl..
Buy viagra o..
from Buy viagra uk.
Cheap viagra.
from Cheap viagra.
ケ ツ コ キ!!!!!..
from ジャスミソ
Casino 12498..
from Casino 1249865..
ぎょはぁ!!!!!
from カリのヘリ
Cheap percoc..
from Cheap percocet.
俺の銃が火を噴くぜwwww
from 寿マン
駄目だこいつ・・・、早く..
from マンゴ
daughter inc..
from rape party
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧